パンダ🐼のつぶやき

パンダがつぶやきます🐼

遺伝子検査による予測医療✨

ご覧頂きありがとうございます🙇‍♀️サイト管理人のGussan🍀です。
人はいつまでも若々しく✨健康で、長生きしたいと誰もが願うことだと思います。
この健康長寿を実現するためにアンチエイジング医療が注目されています。
「アンチエイジング」というと”女性の美容”のことだと思われがちですが、このアンチエイジング医療は、心身に現れる老化の兆候を早めに発見して「老化を予防」するための治療・指導をしていくいう予防医学になります。ですが、アンチエイジング医療の最先端は「予防医学」から遺伝子検査による「予測医療」へ変化しています。

もしかすると未来の健康診断は、悪い数値を改善するのでなく、遺伝子プロフィールに基づいて健康な人をさらに健康にする健康指導が行われるようになるかもしれません。

 

●一部のクリニックで始まっている「遺伝子検査」による予防医学
 遺伝学の研究では、心筋梗塞、高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、認知症、あるいは悪性腫瘍、アレルギー疾患や感染症など、あらゆる健康問題に遺伝子が関与することが明らかになっており、遺伝子検査による予測医療は、すでに一部のクリニックで部分的に行われています。

よく知られている肥満遺伝子タイプによるダイエット指導のほかに、肺がん、メタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、アルツハイマー病などになりやすい遺伝子をもつかどうかの検査を受診することができます。もし該当の遺伝子を持つことがわかった場合は、予防のための生活指導やサプリメントのアドバイスなどが行われます。

女性特有の乳がん・卵巣がんの遺伝子検査も一部の医療機関で受診することができます。該当の遺伝子が発見された場合は、若いうちから通常のマンモグラフィーより精度の高いMRI検査を定期的に受診し、早期発見の可能性を高めることもできます。

最近では、男性型脱毛症や痛風、さらに男性の早漏の遺伝子まで報告がされています。男性型脱毛症の遺伝子をもつ男性は、若くして抜け毛に悩む可能性が7倍まで増加するようです。痛風の遺伝子は発症リスクを最大でなんと40倍に増加させるといいます。早漏はセロトニンと呼ばれる幸福感をもたらす脳内物質を制御する遺伝子の変異と関係があることが分かっていて、もしかすると早漏を改善できる可能性もあります。

将来の健康のためにも、
少しでも遺伝子検査に興味をもたれた方はぜひ一度、受診してみてはいかがでしょうか?
ちなみ遺伝子検査にも色々な種類があります。

●瘦せるための遺伝子検査
●肌老化を診断するための遺伝子検査
●子どもの才能を分析するための遺伝子検査
など

参考資料:「遺伝子検査」による予測医療で、人は100歳まで生きられる?(https://diamond.jp/articles/-/3255)

最後までご覧頂きありがとうございまし🙇‍♀️Gussan🍀でした。

トップページへ戻る