パンダ🐼のつぶやき

パンダがつぶやきます🐼

メタボを予防するアントシアニンの効果について✨

ご覧頂きありがとうございます🙇‍♀️Gussan🍀です。
読者の皆様の中には、「フードデリバリーやテイクアウトで脂っこい食事をしている方」や「ついつい甘いものを食べている方」、「仕事で忙しく生活が不規則な方」などはいないでしょうか?
これらの生活習慣の繰り返しによって、知らないうちにその影響がからだに現れることも…..
現代人を悩ませている生活習慣の蓄積にアプローチし、改善させるのが今回ご紹介させて頂く「メタ」になります。メタには多くのアントシアニンが含まれていて、まずはアントシアニンについてご紹介をさせて頂きます。

 

アントシアニンの4つの効果について
①視覚機能を改善
 スマホやパソコン💻など長時間、目を使い続ける(酷使する)ことで、目の網膜にある「ロドプシン」と呼ばれるタンパク質の再合成が遅れてしまうことがあります。再合成が遅れると、目がショボつく・ぼやけるなどの疲れ目の原因にも繋がります。アントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進し、視覚機能を改善する効果があることが明らかになっています。

②眼病予防効果
・白内障の予防効果
 白内障とは、目の水晶体が白く濁ってしまうことによって見えにくくなり、視力が低下してしまう病気です。アントシアニンには、この白内障を予防する効果があるという研究結果が明らかになっています。抗酸化力をもつアントシアニンが水晶体を紫外線からダメージを守ることにより、白内障の予防に繋がっています。
・緑内障の予防効果
 緑内障は、何らかの原因によって視神経が傷つき、視野や視力が損なわれてしまう病気です。喫煙や栄養不足をはじめとする生活習慣や紫外線によるダメージが原因で視神経が傷つくことがありますが、アントシアニンがもつ抗酸化力は、この外部からのダメージと戦うことで緑内障を予防できるといわれています。

③メタボリックシンドロームを予防する効果
 アントシアニンには、内臓脂肪の蓄積を抑え、メタボリックシンドロームを予防する効果があります。メタボリックシンドロームには、食べ過ぎや運動不足といった生活習慣などによって内臓に脂肪が溜まりやすくなり、高血糖・高血圧・糖尿病・動脈硬化など様々な要因があります。マウスの実験では、アントシアニンを混ぜた高脂肪のエサを与えたところ、脂肪の合成が低下、内臓脂肪・血液中の脂肪の蓄積が抑えられ、さらに血糖値の上昇が抑えられるという結果が得られています。

④花粉症を予防する効果
 アントシアニンの花粉症に対する働きや効果も明らかになっています。花粉症の症状として、くしゃみや鼻水🤧などが挙げられますが、体内に入ってきた花粉を有害なものとして退治するために、「ヒスタミン」という物質が放出されます。このヒスタミンが花粉を洗い流そうとして、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの花粉症の症状が起こる仕組みになっています。アントシアニンには、このヒスタミンを減少させる働きがあるので、花粉症を予防する効果が期待されています。


 アントシアニンは長時間の加熱や長期間の保存に弱いため、効果を保つためにはサプリメントなどの摂取が重要です。また、アントシアニンは体内に吸収されると24時間以内に尿とともに体の外へ排出されるので、毎日続けて摂取することも重要です❗
このアントシアニンを手軽に摂取できるのが「メタ」です。人が1日あたりに摂取できるアントシアニンの量は25mgにも満たないと言われているのに対して、この「メタ」には、215mgものアントシアニンが含まれているので内側から痩せたい方にはぜひオススメの商品です!
👉「メタ」サプリメント
【スポンサー会員番号:JA10545984】

ご覧頂きありがとうございました🙇‍♀️Gussan🍀でした❗
メタボを予防するアントシアニンの効果について✨ - ✨大人のアンチエイジング✨ (tagucchan.com)